間の楔 ~ai no kusabi~

間の楔 ~ai no kusabi~
「間に楔」は、某雑誌に1986年12月から1987年10月までに連載され、1992年に文庫版が売り出されたBL業界の先駆的存在の作品。ドラマCD化や、OVA化などのメディアミックスがなされた。男性が髪の色によって階級を決められている近未来が舞台となっている。イアソン・ミンクが、黒髪の男リキと出会い、そのリキをペットにすることから物語が始まる。OVAは1992年8月と1994年5月にリリースされ、2012年にはリメイク版が第1部全4巻として2012年1月から順次発売された。「愛にもいろんな形がある。憎しみ合うことでしか存在できない、そんな関係もあるんだ。」スラムの雑種とタナグラのブロンディー、ペットと主人。歪んだ関係でしか結びつけない、リキとイアソン。その間に存在するのがどんな感情であっても、お互いを意識せずにはいられない、惹かれ合わずにはいられない2人。歪んだ関係に苦しみ鎖に縛られながら、やっと2人だけの穏やかな最期のときを迎える。
シリーズ作品一覧

間の楔

BL界の巨匠、吉原理恵子が某雑誌に掲載していたBL業界の先駆的存在、「間の楔」!その1992年発売のOVA作品第一弾が登場!愛にもいろんな形がある。憎しみ合うことでしか存在できない、そんな関係もあるんだ。未来都市タナグラ。そこはコンピューターによって管理される人々の居住エリアであった。タナグラに存在する歓楽都市ミダスの最下層、特別自治区ケレス―通称スラムで不良グループの頭を仕切るリキは、夜の街でカモを物色中、手痛いミスで捕まってしまう。捕らえたのは、中央都市タナグラを統べる究極のエリート人工体・金髪のイアソンだった。権力に跪くことも媚びることもしないリキに興味を示すイアソン。 相容れない2人は、やがて主人とペットという歪んだ形で結びつく。その間に存在するのがどんな感情であっても、お互いを意識せずにはいられない、惹かれ合わずにはいられない2人。歪んだ関係に苦しみ鎖に縛られながら運命は廻りはじめる――

間の楔 完結編

BL界の巨匠、吉原理恵子原作の「間の楔」!1994年発売のOVA作品完結編が登場!未来都市タナグラ。そこはコンピューターによって管理される人々の居住エリアであった。タナグラを仕切るのは人工体のサイボーグ、最上級エリート=ブロンディーがすべてを支配していた。ブロンディーのイアソンはある時、スラム暮らしの少年リキと出会う。底辺で生きながら媚びることもしないリキに興味を抱くイアソン。やがて両者は主人とペットという関係へともつれこんでいく・・・愛と憎悪が絡み合う、それぞれの終焉へと・・・。